有料老人ホーム以上に魅力的な高齢者向け住宅とは

Pocket

高齢者向け住宅として多く利用されている有料老人ホームに関して、基本的には、新築物件に人気が集まっていますが、最近では、中古住宅のリフォーム物件にも注目が集まっています。

新築物件は、最新設備が整っていたり、居住性に優れていたりしますので、快適な暮らしを強く望んでいる人には最適です。
中古住宅のリフォーム物件は、新築物件並みに最新設備を整えたり、居住性を高めたりすることも十分に可能なので、費用面では新築物件よりも安く済みますし、不便さを感じない暮らしを望んでいる人には魅力的です。

但し、どちらの物件であっても、入居条件が厳しく、要介護認定を受けている人が多く入居しています。
その為、有料老人ホームに入居出来なかった多くの人が、新たな住居探しを強いられます。

そこで、最近になって注目されて来たのが、サービス付き高齢者住宅で、数年前から開始された新しい高齢者住宅制度によって登場しました。
この制度が開始される前にも、高齢者専用賃貸住宅が提供されていましたが、こうした住宅も、サービス付き高齢者住宅に移行しています。

サービス付き高齢者住宅は、バリアフリーの賃貸住宅で、最低限のサービスとして、安否確認や生活相談サービスが備わっています。
更に、有料老人ホームよりも生活面での自由度が高く、要介護度の変化に応じて、サービス内容の見直しを柔軟に行えます。このように、在宅で介護サービスを受けたい人には、非常に魅力的な住宅と言えます。